映画「Fukushima50」フクシマフィフティ、海外の反応から3.11を知る緊迫の原発事故現場とトモダチ。

映画

前略 吉田所長さま

はじめまして。

映画「Fukushima 50」を観ました。

あんなにも過酷な状況の中、吉田所長をはじめとした技術者たちが、まさに最前線で生命の危険を顧みず闘っていたことを初めて知りました。

「Fukushima 50」あらすじ

 2011年3月11日に発生した東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所の事故で、未曾有の事態を防ごうと現場に留まり奮闘し続けた人々の知られざる姿を描いたヒューマンドラマ。

 2011年3月11日午後2時46分、マグニチュード9.0、最大震度7という日本の観測史上最大となる地震が起こり、太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波に飲み込まれた福島第一原発は全電源を喪失する。

 このままでは原子炉の冷却装置が動かず、炉心溶融(メルトダウン)によって想像を絶する被害がもたらされることは明らかで、それを防ごうと、伊崎利夫をはじめとする現場作業員や所長の吉田昌郎らは奔走するが……。

 福島で暮らす人間として、自己犠牲も厭わない50人の終わりの見えない闘いがそこにあった。
引用 https://eiga.com/amp/movie/90279/

セットの迫力、恐怖心が迫る

 オープニング、風雪の中佇む福島第1原発に危機が迫るあの3月11日に、一気に引き戻される。
 あの日、わたしは職場でテレビに映し出されるニュースを見ていた。仕事のトラブル処理に追われていたが、上司や先輩とともに手を止めて見入っていた。

 押し寄せる津波。逃げ遅れるクルマや人々。そこに映し出されているのが、あまりにも非日常過ぎて、現実としての実感が沸かなかった。その一方で、過去に日本が体験したことのない、原発事故という危機が起きた。

 地震が発生し、大津波が福島第1原発を襲う。その迫力あるシーンに恐怖を覚えない人はいないだろう。轟音と破壊音が響き、非常事態となる。

引用: http://www.tepco.co.jp/index-j.html

現場作業員たちの正義感

 この映画を観るまで、東日本では暮らせなくなるほどの被害が予測されていたことを知らなかった。そんな状況の中で、現場で一つ一つ対応を繰り返していた作業員たちには頭が下がる。

 西日本で暮らす者にとっては、むしろ原発を作った政府や東京電力への責任問題の方が関心事として大きかったように記憶する。

 高濃度の放射能が漏れ、命の危険が目の前に迫る中で、建屋に入り、対応した作業員たちの勇気と正義感には最大の拍手を送りたくなった。

引用: http://www.tepco.co.jp/index-j.html

誰かのために行動する強さを実感

 水素爆発を起こせば、放射能の被害により福島では暮らせなくなる。家族も仲間も友人も。故郷と共に失いかねない状況でも、皆を守るために、そこにいた50人はフラフラになりながら挑んでくれた。

 その源は、家族であり、仲間であり、友人の存在だったのだろう。人を想う人の強さを改めて実感し、心が震えた。

 最大の危機を乗り切り、家族がいる避難所で、再会の喜びに浸るのも程々に、佐藤浩市さん演じる伊崎が、避難所にいる被災者に頭を下げるシーンには、本当に胸が詰まった。皆んなのためにギリギリの精神状態の中、闘ってきたにも関わらず、申し訳ないという気持ちが溢れていた伊崎に、なんて言ってあげれば救われるのだろうかと頭を抱える思いだった。被災者たちが、なじみの伊崎の無事を讃えたのは、最高だった。

人間は神ではないんだよな

この映画を観た人の多くが、原発の怖さを感じるだろう。

結局のところ、原発をコントロールできたわけではなく、結果として原発が静かになっただけだった。何をどうしたからという明確な対策があったわけではない。つまり、同じことが起きても、明確な対応策はない。

 ただ、そんな状況を前にして、人間は無力ではないことも、この作品は示している。経験や知識はもちろんだが、誰かを想う力を結集させることで、危機に立ち向かい、乗り越えることができた。日本を、世界を救うことができた。少なくとも、海外メディアは、そこで闘った50人の行動を讃えている。

Fukushima50

この言葉を知ることは、3.11を見るときの、別の視点となる大切なKOTOBAだ。

タイトルとURLをコピーしました